(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆インド<カシミール地域で衝突多発>
記事タイトル *武装組織幹部射殺により治安部隊と衝突
本文テキスト  7月8日、北部ジャム・カシミール州の州都スリナガル近郊で地元治安部隊が分離独立派の武装組織「ヒズブル・ムジャヒディン」の拠点を襲撃し、幹部のブルハン・ワニ氏(22)を含めた3人を射殺した。同組織の設立は1989年頃で、カシミール地方のパキスタンへの編入を主張している。ワニ氏はソーシャルメディアを通じてインドによる支配を批判する写真や動画を広め、対印武力闘争を呼びかける活動家であった。同事件を受け組織やワニ氏を支持する若者らを中心に抗議デモが発生、治安部隊とデモ隊の衝突により10日までに住民と警官ら合わせて21人が死亡、200人が負傷した。7月以降も衝突は続き、8月17日までの約1ヶ月半で住民ら65人が死亡、数千人が負傷するなど拡大の一途を辿っている。インド政府による外出禁止令や携帯電話使用制限がかけられるなど、市民生活にも大きな支障が出ている(毎日7/11、8/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center