(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆マレーシア
記事タイトル *日本の香料大手、東南アジアに進出
本文テキスト  香水や化粧品の芳香、飲食物の風味づけなどを扱う長谷川香料がマレーシアで現地生産を開始する。首都クアラルンプールの南にあるヌグリ・スンビラン州の新工場建設には最大40億円が投じられる。日本の香料産業界第2位を占める同社だが、東南アジアにはヨーロッパ企業も進出してきており、競争は決して易しくない。成功への鍵はイスラム教の戒律問題への対応能力で、長谷川香料は東南アジア最大のハラル認証機関がマレーシアにある利点を活かす。2014年には同国香料大手ペレスコルを買収しており、ハラル問題に精通した同社のノウハウを取り入れ、新工場をハラル対応商品輸出の中心地にする構えである。なお、業界首位の高砂香料工業もインドネシアに新工場を建設予定である(日経9/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center