(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆フィリピン
記事タイトル *爆弾テロで14人死亡、負傷者多数
本文テキスト  9月2日夜、南部のミンダナオ島の都市ダバオで爆発があり、イスラム過激派組織「アブサヤフ」が犯行声明を発表した。14人が犠牲となり、負傷者は約70人と伝えられる。1990年代初めに創設されたアブサヤフはミンダナオを拠点とする武装勢力。その犯行声明にはイスラム戦士の団結を求める内容も含まれ、「イスラム国(IS)」との関係も示唆されている一方、身代金目的の犯罪集団に過ぎないという見方もある。ダバオはドゥテルテ大統領の故郷であり、大統領は6月末に就任後アブサヤフ掃討作戦を強化していた(日経9/3ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center