(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆カンボジア
記事タイトル *日本の曹洞宗、初のカンボジア公式訪問
本文テキスト  8月17日から21日にかけて、シェムリアップ州からの招請により、曹洞宗の宗務総長を務める釜田隆文氏を始めとした総勢22名の訪問団が、初めてカンボジアを公式訪問した。一行は、アンコールワットと日本語教室を訪問、現地仏教寺院での記念植樹や孤児院への文房具類の寄付などの文化交流を行ったほか、州政府を表敬訪問して宗務総長が州副知事と会談した。副知事からは、カンボジア国内での曹洞宗寺院建立など、両国間の宗教・観光・文化面での関係強化についての要望が出され、釜田宗務総長は寺院建立については慎重に言葉を選びつつも、カンボジアと日本の仏教の友好に前向きな姿勢を示した(文化時報8/31)。
Copyright(c) Religious Information Research Center