(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆インドネシア
記事タイトル *同性愛非合法化への動き、批判の声も
本文テキスト  インドネシアの憲法裁判所では、2016年初頭に提出された同性愛者の性行為を罰則対象にするための刑法改定が審理中である。請願者にはイスラム教の宗教活動家が含まれている。同国では性的マイノリティー(LGBT)に対する暴力事件が頻発しているが、国防大臣がLGBT運動を「国民を洗脳する脅威」と表現するなど、嫌悪を公言する人々は政府、法学者、教育団体、イスラム教団体など多方面に広がっている。
 一方、LGBT文化を肯定的に評価しようとする動きもあり、8月には市民団体「フォーラムLGBTIQインドネシア」が表現の自由のために活動したとしてジャーナリスト連盟によって表彰された。同市民団体代表アビプラヤさんは「性とは深いもの。男と女という分け方を超える必要がある。それは無秩序とは違う」と訴えた(赤旗9/1)。
Copyright(c) Religious Information Research Center