(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆台湾
記事タイトル *紙銭を燃やすのは大気汚染
本文テキスト  台湾各地の廟では、旧暦7月にあたる8月3日から31日までの間に「普渡(プドゥ)」と呼ばれる旧盆の行事が行われる。中部の彰化県田中鎮では、大音量で法要を行ったり、供養のために訪れた人達がシャーマンの「タンキー」から神意を聞き、指示を受けながら路上で紙銭を燃やしたり、複数の祭祀が行われた。紙銭や線香を惜しみなく燃やすのが通例だが、台湾政府は微小粒子状物質PM2.5などの増加で大気汚染が生じかねないと懸念し、量を少なめにするよう呼びかけている。政府は1年間で燃やされる紙銭の量を24万t、線香3万tと推計した上で、これは自動車2万台が1年間に出す排ガスと同じ量だと訴える。約30秒のPR動画も2本公開し「神様を拝むだけでなく、環境のことも考えて」と呼びかける(沖縄タイムス9/5)。
Copyright(c) Religious Information Research Center