(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆台湾
記事タイトル *蔡総統が先住民への人権侵害を認め、謝罪
本文テキスト  8月1日に蔡英文総統は、総統府に先住民代表約70人を招き、過去400年にわたり当局による人権侵害があったとして謝罪した。総統が先住民に直接謝罪をするのは初めてのこと。今後、先住民に関する歴史や政策を見直すための委員会を設置するという。東南アジアや太平洋地域から渡ってきたとされる先住民は、アニミズム的な信仰形態を持っており、タイヤル、アミなど16民族、約55万人(全人口の2%)が政府に認定されている。
 立法院(国会に相当)には別枠で少数民族のための選挙区(計6議席)が設けられ、大学入試などでは優遇策がある一方、社会的に差別は残っている。先住民に関しては、李登輝政権が1994年8月1日に憲法を修正し、差別的な意味合いを持つ「山地同胞」の呼称を「先住民」に改めており、2005年に陳水扁政権がこの日を「先住民の日」に制定した(朝日8/2ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center