(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆オーストラリア
記事タイトル *ブルキニ考案者「イスラム女性を解放した」
本文テキスト  フランスでイスラム教徒の女性向け水着「ブルキニ」着用の是非が論争になっているのを受け、ブルキニを考案したアヒーダ・ザネッティさん(49)は「宗教を誇示するものではなく、女性を解放するものだ」と訴えた。レバノンで生まれて2歳でオーストラリアに移住した同氏はイスラム教徒で、シドニー郊外でイスラム教徒の女性向けブティックを営んでいる。女性向けイスラム服のブルカと水着のビキニから「ブルキニ」と名付け、2004年から9千〜1万5千円程度でオンライン販売を始め、2006年に商標登録。2008年以降世界中で約70万枚の売り上げがあるという。ブルキニは日焼けが心配な人や体の線を出したくない女性にも需要が高く、購入者の半分以上が非イスラム教徒だという(朝日9/2ほか)。
[→『ラーク便り』72号小特集(3)参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center