(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *マレガ・プロジェクトに臼杵市も参加
本文テキスト  マレガ・プロジェクトをめぐってバチカン図書館と連携調査を行っている国文学研究資料館に対し、大分県臼杵市は9月9日、調査研究などに関する相互協定を結んだ。今回の協定によって、同市は同資料館から研究成果の提供を受けることができるようになる。マレガ・プロジェクトは、イタリア出身のマリオ・マレガ神父が収集した史料を研究する国際的な取り組みで、デジタル化やデータベース化などが進められている。欧州のバチカン図書館で2011年に発見された約1万4千点の史料のうち、約9割が臼杵藩の史料であるという。同市は研究成果の発表や資料展示を通じた学術振興のほか、キリシタン文化を発信することによる観光誘客を検討している(大分合同・大分9/13ほか)。
→『ラーク便り』70号26頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center