(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *土用の丑の日、ウナギの代替品広がる
本文テキスト  土用の丑の日を前に、ウナギの枯渇と代替品の広がりが注目を集めた。ニホンウナギは乱獲などを背景に激減しており、国際自然保護連合(IUCN)より絶滅危惧種に指定されている。近年は特に稚魚の不漁のため価格が上昇しており、スーパーや百貨店は、代替品として豚肉やナスなどの「ウナギ以外の蒲焼」の売り込みに力を入れている。夏の土用の丑の日に合わせて近畿大学が開発したウナギ味のナマズの販売も開始された。また、見た目も味もウナギの蒲焼にそっくりなかまぼこにも注目が集まっている。ウナギ資源の急激な回復は困難とされる中で、ウナギに代わる手ごろなスタミナ食の開発が進んでいる(読売・東京7/23ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center