(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *アイヌ民族の遺骨が帰還
本文テキスト  全国の大学でアイヌ民族の遺骨が保管されたままになっている問題で、北海道大学は7月15日、浦河町から持ち出された遺骨12体を日高管内ゆかりのアイヌ民族有志の団体「コタンの会」に返還した。2016年3月に札幌地裁で成立した和解を受けての返還となる。北海道大学がアイヌ民族の遺骨を返還するのは15年ぶり。「コタンの会」の関係者は、遺骨が戻ったことを神に感謝するアイヌ伝統の儀式「カムイノミ」を行って、先祖の遺骨を歓迎した(北海道・札幌7/16ほか)。遺骨はコタン(集落)があった浦河町の杵臼墓地に再埋葬され、9月3日には浦河アイヌ協会が先祖供養祭の「イチャルパ」を行った(室蘭民報・室蘭9/3)。
→『ラーク便り』70号25頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center