(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *3Dプリンターで作る「身代わり神仏」の活用広がる
本文テキスト  和歌山県で、3Dプリンターで作った仏像や神像の複製を「身代わり神仏」として無人の寺社に置く動きが広がっている。同県では2009年から2011年にかけて仏像などの盗難が75件あり、2016年春にも仏像5体が盗まれるなど、文化財の盗難が多発。専門家はその要因として、近年の仏像ブームに加え、過疎や高齢化が進行する農村部の寺や堂の管理の緩みを指摘する。打開策として県立博物館が寺社に3Dプリンター技術の活用を提案し、2012年、プラスチック製の「身代わり神仏」の活用が始まった。現在では県内8ヶ所で計19体が複製・安置されている。「身代わり神仏」を活用している寺の総代は「当初は一部で『偽物だ』と疑念の声があった」ものの、「今ではほとんどの檀家が理解を示している」と語る(Fuji Sankei Business i.・大阪8/5)。
→『ラーク便り』68号14頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center