(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 国内
大分類 【1. 神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *大師稲荷神社の境内で「子ども食堂」
本文テキスト  7月18日、大師稲荷神社(神奈川県川崎市)の境内で初めての「子ども食堂」が開かれた。企画したのは同社の中村博帝(ひろただ)宮司。同宮司は30年前から糖尿病を患い、2度の膀胱がんを経験、2013年には腎臓病で入院。2014年に妻から腎臓移植を受け、生還した。その後、「助かった命」を子どもたちのために使いたいと模索するなかで、子ども食堂のことを知った。子ども食堂は一般的に貧困家庭の子どもたちなどに食事を無償提供するものだが、同宮司は地域の関係を築く場を目指している。「子ども食堂ネットワーク」事務局は、「子ども食堂を続けるには場所、食材、資金の確保が鍵になる。場所代がかからない境内でできるメリットは大きい」と話す(東京・東京・夕8/23)。
Copyright(c) Religious Information Research Center