(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *政教関係研究 大震災復興と政教分離問題
本文テキスト  政教関係を正す会の総会と研究会が8月31日に神社本庁で開催された。発表は、百地章・日本大学教授「最近の政教問題報告」、黒浩行・国学院大学教授「東日本大震災とその復興過程における政教関係をめぐる問い」、丹治正博・福島県神社庁長「コミュニティ及び地域伝統文化の継承こそが真の復興―今こそ全国に先駆け福島モデルの確立を―」。黒氏は発表のなかで、政府が設置した「復興構想会議」が「人と人をつなぐ行為」「共生」を掲げているが、復興施策のなかでは宗教があまり配慮されていないことを指摘した。一方、2016年の熊本地震に関しては、被災神社への公的支援を求める署名活動が始まっていることを紹介した。黒氏は、「無関心やことなかれ主義、抽象論に阻まれて宗教のみが取り残されることが、コミュニティにとって良いことか」と語った(12日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center