(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年7月-9月
号数 72
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *参院選の結果に危惧の声
本文テキスト  7月10日の参院選で改憲勢力が3分の2を超えた。この結果に対するキリスト者の意見特集から抜粋して紹介。渡辺信夫氏(日本キリスト教会東京告白教会前牧師)「これからは苦戦に次ぐ苦戦です。犠牲者、殉難者が必ず出ます。転向者も続出します。世界中のこころある人は私たちを支援してくれますが、これまで国際的な連帯に力を入れていなかったから、その点の労苦が大きくなります」。神谷武宏氏(沖縄バプテスト連盟普天間バプテスト教会牧師)「ヤマト(本土)の人たちはこういう問題をきちんと捉え切れていないのではないか。沖縄の実情が理解されていない現実があるように思います」。柴田智悦氏(日本福音同盟社会委員会委員長)「どのような事態になろうとも、私たちが信仰告白に堅く立てるかどうか、試される時代が来ようとしています」(ク24日付)。なお、キリスト新聞、カトリック新聞には参院選に関する目立った記事はない。
Copyright(c) Religious Information Research Center