(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年12月-2002年2月
号数 14
媒体 国外
大分類 【8. 国際会議・諸宗教対話】
小分類(国名等) ◆国際会議
記事タイトル *ダボス会議 テロ後のビジョン討論
本文テキスト  世界の政財官界などの指導者約3000人が一堂に集まる世界経済フォーラム(ダボス会議)の年次総会が、31日から2月4日まで米ニューヨークで開かれた。総会では「イスラムとの対話」が焦点になった。マハティール・マレーシア首相らが特別演説で、近代化とイスラム教が共存し得ると訴えたが、ハンチントン教授は「イスラムは過激主義に走る要因を抱えている」と断言。ムーサ・アラブ連盟事務局長が「怒りは米国の単独主義による振る舞いに向けられている」と反論し、「対話」はかみ合わなかった。「我々は『終わった戦争』を戦っているのではないか」というナイ元米国防次官補の発言に、会場は一瞬凍り付いた(毎日 01/30、北海道 02/06)。2日には数千人規模の大規模なデモあり、警察官3人が負傷、約40人が逮捕された。反グローバル化を唱える団体だけでなく、労組や反戦団体、中国の法輪功なども参加したが、米中枢同時テロで深刻な打撃を被ったニューヨークに対する“配慮”もあってか、暴徒化の気配はなかった(産経 02/04)。
Copyright(c) Religious Information Research Center