(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年12月-2002年2月
号数 14
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西欧】
小分類(国名等) ◆バチカンとキリスト教<同性愛・離婚>
記事タイトル *「裁判官・弁護士は離婚事件扱うな」 ローマ法王の呼び掛けで波紋
本文テキスト  ローマ法王がカトリック信者の裁判官や弁護士に向けて「宗教的良心に基づく離婚事件の忌避」を呼び掛け、世俗社会に困惑が広がっている。イタリアのカステリ法相は「裁判官が離婚事件を拒否すれば憲法違反だ」と警告。世論調査でも87・5%が「同意できない」とし、有力紙は「法王に最大限の敬意を表しても法曹の離婚事件忌避はタリバンの原理主義に匹敵してしまう」と述べている。現法王は宗教外交の改革者として知られるが、教義面では超保守派とされ、避妊も同性愛も認めていない(東京 02/03)。
Copyright(c) Religious Information Research Center