(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年12月-2002年2月
号数 14
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西欧】
小分類(国名等) ◆オランダ・ベルギー
記事タイトル *人道法によるシャロン裁判の難航
本文テキスト  1982年、イスラエル軍が侵攻したレバノンで、千人近いパレスチナ難民がキリスト教民兵に虐殺された事件へのシャロン・イスラエル首相(当時国防相)の関与を問うベルギーの法廷が、実質審理に入ることを断念し、人道法で同氏を裁けるかどうかの判断を、3月に示すことを決めた。1月末、真相解明のカギを握るとされた人物がベイルートで爆死。また、シャロン弁護団が、ベルギーの司法制度による閣僚の免責特権を持ち出し、政府からも圧力も強まったため(朝日 02/05)。
Copyright(c) Religious Information Research Center