(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年12月-2002年2月
号数 14
媒体 国外
大分類 【3.中東(北アフリカのアラブ諸国含む】
小分類(国名等) ◆サウジアラビア<米中枢同時テロの余波>
記事タイトル *米・サウジ関係の悪化
本文テキスト  米中枢同時多発テロ以降、ビンラディンの出身国であり、イスラム教スンニ派の中でも最も厳格なワッハーブ派の規範をとるサウジと米国の関係が悪化しており、産経の連載「同時テロ後の世界」・朝日の「世界発 2002」などでこの問題がとりあげられている。前者は、テロ後も、イスラムを否定しない限りは、在野の過激思想を取り締まることができないサウジの体制に米国は疑念と不信を抱きはじめている、とまとめ、後者は、同時多発テロ後、サウジ国内ではビンラディン支持派による一連の事件が相次いだことに言及したうえで、民衆レベルでの反米・反体制運動の高まりと、その背後にある米軍のサウジ駐留問題を指摘する内容となっている(産経 01/3・朝日 01/11)。
Copyright(c) Religious Information Research Center