(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年12月-2002年2月
号数 14
媒体 国外
大分類 【3.中東(北アフリカのアラブ諸国含む】
小分類(国名等) ◆イラン
記事タイトル *イラン・米国の関係悪化
本文テキスト  同時テロ事件を機に、米国との関係が修復されるかに見えたイランだが、その後、パレスチナ自治政府への武器密輸事件への関与をめぐってブッシュ大統領が1月10日、イランを強く非難、同時にアルカイダの活動家がイランに越境していると述べ、両国の関係は悪化してきている(産経夕 1/11)。背景には、レバノン南部でイスラエルへの武装闘争を続けるシーア派のヒズボラへのイランによる支援もある。イランは、これらの関与を否定したうえで、「米国のイラン敵視政策」として反発を強めた(朝日 01/31)。
 さらに、1月30日にブッシュ大統領が一般教書演説で、同国を「悪の枢軸」・「テロ支援国家」として名指ししたことについて、イラン政府はこれを「内政干渉」と批判(朝日01/31)。ハメネイ師も、31日、ブッシュ発言を「血に飢えた者の発言」だと異例の激しい表現で批判した(北海道 02/01)。これを受けて、2月11日、イラン各地で革命を記念するために開かれた集会は、反米一色となり、テヘラン西部のアザデイ(自由)広場には数十万人が集まって、「ブッシュはドラキュラ」などの横断幕を掲げ、米国人をかたどった人形を焼いて気勢を上げた。ハタミ大統領も演説で米国を批判し、ブッシュ発言の背景にはシオニストの圧力があるとの見方を示している(朝日 02/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center