(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年12月-2002年2月
号数 14
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国◇「地下」教会・キリスト教
記事タイトル *「邪教」聖書持ち込み事件
本文テキスト  香港の中国人権民主化運動情報センターは5日、キリスト教の一部教派が編纂した新約聖書約3万3千冊を、香港から中国福建省に持ち込んだ中国人貿易商が昨年12月、「邪教罪」で地元検察当局に起訴されたと伝えた(朝日 01/06)。検察院は起訴状の中で「重大な犯罪行為」と指摘しており、死刑判決を受ける可能性もある(毎日 01/06)。バウチャー米国務省報道官は7日、「国際社会の一員として、信教と良心の自由を保障する国際基準を満たすよう」要請した(読売 01/09)。これに対し、中国外務省の孫玉璽報道官は8日、事件を確認する一方、「(持ち込み品が)聖書というのはごまかしであり、大量の物品はカルト(邪教)の宣伝物だった」と反論(産経 01/09)。結局、福建省の裁判所は28日、貿易商に「違法経営」の罪で懲役2年の有罪判決を言い渡した。訪中予定のブッシュ米大統領に配慮し、当局が罪名を変更したものと見られる(読売 01/29)。さらに2月9日には、「病気治療のため刑務所外の服役を認める」との名目で事実上釈放された(読売 02/11)。
Copyright(c) Religious Information Research Center