(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国外
大分類 【7. 南北アメリカ】
小分類(国名等) ◆アメリカ<米中枢同時多発テロ関連>
記事タイトル *「メディアしばる米世論」
本文テキスト  ニューヨーク在住の作家スーザン・ソンタグ(69)は、米国のリベラル思想を代表する存在。同時多発テロ後の昨年9月24日付の「ニューヨーカー」誌上で、「テロ後の言論は、一般国民を子供扱いする運動を伴っている。このテロが文明や自由世界に対する『憶病な』攻撃だったのではなく、世界が超大国と称する米国の行動の帰結として企てられた攻撃だったという認識はないのだろうか・・・神聖の看板を掲げた言論一致、事実を覆い隠す修飾語句が高官とメディアの解説者から噴き出している。この状況は成熟した民主主義国にふさわしくない」と書いたところ、国内から猛反発。保守的な雑誌は「ウサマ・ビンラディン、サダム・フセイン、スーザン・ソンタグの共通点はいずれも米国の破壊を望んでいることだ」と批判したという(毎日 03/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center