(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン<ローマ法王>
記事タイトル *法王82歳 退位論も再燃
本文テキスト  ローマ法王ヨハネ・パウロ2世は18日、82歳の誕生日を迎える。保守派重鎮であるドイツのラツィンガー枢機卿やホンジュラスのマラディアガ枢機卿は16日、法王が体調不良から職務遂行が不能になった場合、辞任の可能性があることを示唆する発言を行った。法王は15日の一般謁見で辞任の意思を否定し(毎日 05/18)、22日にはアゼルバイジャンとブルガリア両国歴訪を開始した(読売 05/23)。しかしバチカンは26日、健康不安が深刻になったローマ法王が7月予定の中米訪問を断念する可能性を示唆した。発表済みの外遊中止は極めて異例のこととなる(朝日夕 05/27)。法王は最近、持病のパーキンソン病に加えて、右ひざの関節炎が悪化しており、今年3月24日には復活祭の幕開けとなるミサを法王就任以来初めて主導しなかったことなどから退位論が再燃していた(日経 03/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center