(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *フランス大統領選挙 極右・ルペン氏が2位
本文テキスト  フランス大統領選挙の第1回投票が21日に行われ、右派「共和国連合」の現職シラク大統領と極右「国民戦線」のルペン党首が決選投票進出を決めた。社会党のジョスパン首相は敗退し、政界引退を表明した。フランスは、平等や博愛を掲げた大革命以来の国是が問われる緊迫した事態を迎えている(東京夕 04/22)。5月5日に行われた決選投票ではシラク大統領が82.21%という第五共和制始まって以来の高い支持率を獲得して圧勝したが、ルペン氏の決戦投票進出は、欧州における左派の没落と極右の台頭を強烈に印象づけた(フォーサイト 6月号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center