(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *各地でシナゴーグ襲撃
本文テキスト  リヨンで30日未明、ユダヤ教の礼拝所シナゴーグに乗用車2台が突入し炎上した。イスラエルのパレスチナ自治区侵攻に反発する組織的な犯行とみられる。シラク大統領は「信仰の自由、思想の自由は共和国の基本であり、攻撃を許してはならない」との声明を発表した。31日朝にはストラスブールでシナゴーグの入り口の戸が焦がされた。警察は放火と見ている。また30日夜にはツールーズのユダヤ教徒向けの肉屋に銃弾が撃ち込まれた(朝日 04/01)。マルセイユでも1日未明、礼拝所に放火とみられる事件があった。仏ユダヤ教長老会議は3月31日、ナチスがドイツでユダヤ人虐殺を始めた38年のクリスタル・ナハト(水晶の夜)になぞらえ「政府の無策によって新たな水晶の夜が始まろうとしている」と警告していた(朝日 04/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center