(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆イギリス・アイルランド
記事タイトル *エリザベス皇太后死去
本文テキスト  英女王エリザベス2世の母、エリザベス皇太后が30日、101歳で死去した。国民に慕われた皇太后は、第2次大戦中はラジオ演説でドイツ占領下の欧州の人々を勇気づけ、ヒトラーが「ヨーロッパで最も危険な女性」と呼んだというエピソードでも知られる(朝日 04/01)。当日のBBC報道番組には「キャスターが黒ネクタイを着けていない」など、王室へ不敬とする抗議電話が殺到した。BBCは過度の王室報道を控える方向を打ち出していた(産経 04/02)。葬儀は9日、ロンドンのウェストミンスター寺院で行われ、王室関係者ら参列者約2000人が最後の別れを惜しんだ。弔問期間中、遺体が安置された国会議事堂には20万人が駆け付け、哀悼の意を表する人々が6〜10時間待ちの長蛇の列をつくった。エリザベス女王は8日「深い感銘を覚える」とテレビを通じて国民に感謝した(毎日4/10)。
Copyright(c) Religious Information Research Center