(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国外
大分類 【3.中東(北アフリカのアラブ諸国含む】
小分類(国名等) ◆アルジェリア
記事タイトル *アルジェリア総選挙 対立激化、治安に懸念
本文テキスト  アルジェリア総選挙の投票が5月30日始まり、与党「アルジェリア民族解放戦線」(FLN)など連立与党を組んできた4党が286議席を獲得し、与党側が勝利した。、しかしながら、ベルベル人に支持基盤を置く野党が選挙をボイコット。31日に同国内務省が発表した投票率は46・09%と、97年の前回選挙(65・49%)を大きく下回り、同国の選挙史上最低を記録した。ベルベル人の不満に加え、長引く経済不況やテロ抑止の失敗などに対し、国民が棄権することで政権批判に回ったとみられる。イスラム過激派組織によるテロも再び激化する気配をみせており、国内の治安情勢はさらに不安定化することが懸念されている。
 アルジェリアでは1991年末の総選挙でイスラム原理主義政党が8割の議席を占めたが、軍が選挙の無効を宣言し全土の実権を掌握。イスラム過激派によるテロの続発などで市民ら10万人以上の犠牲者が出たとされる。軍の支持を得て99年に就任したブーテフリカ大統領は、過激派からの投降者を免罪するなど融和策を進める一方、投降に応じない強硬派の掃討を進め、テロは減少していた(朝日・東京 05/31、毎日 06/01ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center