(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国外
大分類 【3.中東(北アフリカのアラブ諸国含む】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *シャロン政権発足1周年 右傾化加速へ
本文テキスト  3月7日、イスラエルはシャロン政権発足1周年を迎えた。シャロン首相は、「治安を維持し、真の和平を実現する」と公約したが、パレスチナに対する強硬策は逆に武装集団の攻撃を激化させ、治安は極度に悪化した。イスラエル紙マーリブの世論調査によると、かつて7割あったシャロン政権の支持率は、治安対策への不満と治安悪化に伴う景気低迷から、3月1日には42%にまで急落(毎日 03/26)。いったんは窮地に立たされたかに見えたシャロン政権だが、4月に入り、自爆テロへの強硬措置をとるシャロン首相への期待が国民の間で高まり、支持率が再び急上昇。8日の国会での演説では、西岸でのイスラエル権益の確保を主張する超タカ派の右派小政党との連携を表明、翌9日には内閣を連立する和平派の労働党と開催してきた治安協議を廃止することを決定、強硬策への方向を加速している(日経 04/09・10)。
Copyright(c) Religious Information Research Center