(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国外
大分類 【3.中東(北アフリカのアラブ諸国含む】
小分類(国名等) ◆イスラエル・パレスチナ和平<和平案>
記事タイトル *アラブ首脳会議でサウジ和平案採択
本文テキスト  ベイルートで開かれたアラブ首脳会議で、3月28日、サウジアラビア提案の包括中東和平案が採択された。イスラエルが占領地から前面撤退する代わりにアラブ諸国がイスラエルとの外交関係を樹立するという案を柱としたもので、アラブ諸国に巨大な影響力をもつサウジが提案した和平案として注目と期待を集めていた。しかし、当事者のアラファト議長をはじめ、エジプトなど多数のアラブ首脳が欠席。さらに、会議期間の28日にネタニヤで発生した自爆テロを契機に、イスラエル軍のパレスチナ自治区への大規模侵攻がはじまったことから、和平案の空洞化は避けられない情勢となっている(毎日 03/29ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center