(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国外
大分類 【3.中東(北アフリカのアラブ諸国含む】
小分類(国名等) ◆イスラエル・パレスチナ和平
記事タイトル *ジェニン虐殺疑惑
本文テキスト  パレスチナ自治区ジェニンの難民キャンプで、イスラエル軍が虐殺を行ったとする疑惑が波紋を広げている。4月16日に、パレスチナ側がイスラエル軍が数百人を虐殺したと言明したことに対して、イスラエル側は武装勢力の数十人を殺害したが、民間人はいないと反論(東京 04/28)。真相を究明するため、国連は調査団を派遣することを決議したが、イスラエル側は四度にわたり受け入れを拒否。人権団体ヒューマンライツ・ウォッチをはじめとする西欧のNGOが独自に行った調査では、現状から大量虐殺の証拠はないとの結果が報告されているが、国連の調査がイスラエル軍の犯罪戦争の立証と、占領政策への批判につながりかねないことに強い警戒があるようだ(朝日 04/29・05/01ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center