(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国外
大分類 【3.中東(北アフリカのアラブ諸国含む】
小分類(国名等) ◆イスラエル・パレスチナ和平
記事タイトル *ベツレヘム聖誕教会籠城事件
本文テキスト  イスラエル軍は、4月2日早朝、パレスチナ自治区ベツレヘムの中心街に侵攻し、中心街にあるキリスト教の聖地「聖誕教会」から数百メートルにまで戦車を進めた。同軍は、パレスチナ武装組織の活動家が教会内に逃げ込んでいるとして引き渡しを求めたが、パレスチナ側は応じなかった。4月10日にイスラエル軍が撤退するまで、人質状態におかれた女性や子供、カトリックやアルメニア教会の神父を含む約200人が同教会に立てこもりを続けた(朝日 04/04、05/11ほか)。
 なお、この事件に関して、ディア・ラシュワン(エジプト・アハラム政治戦略研究所上級研究員)氏は、「ベツレヘムの聖誕教会に対するイスラエルの軍事行動はキリスト教徒に試練を与えている。史上初のパレスチナ人キリスト教徒の抵抗集団が誕生した。…パレスチナにおいて地味な存在だったキリスト教徒の役割が変化するかもしれない」とのコメントを寄せている(毎日 04/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center