(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年12月-2002年2月
号数 14
媒体 国内
大分類 【6.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教 〈その他〉
記事タイトル *オウム元関連施設のその後
本文テキスト 長野県北御牧村が1999年にオウム関係者から買い取った建物が、ひとり暮らしのお年寄り向けの生活施設「ふるさと交流センター」として再生(東京・東京 01/04)。埼玉県都幾村は、同村大附にあるオウムの元関連施設を、痴呆症老人用のグループホームに改装することを決定(東京・埼玉 01/11)。群馬県藤岡市下栗須にあったオウムの「藤岡道場」が、買い取った藤岡市によって解体撤去され、跡地には市が来年度、福祉関連施設2棟を建設する。「修行場」だった場所は市が1月8日から、不登校児童生徒の対応教室として活用中(読売・群馬東毛 01/30)。岐阜県大野郡朝日村は、1999年12月にオウム関連会社から買い戻した空き家を、定住希望者らを対象に売却しようと、村の活性化の方策を練っている(岐阜 02/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center