(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2001年12月-2002年2月
号数 14
媒体 国内
大分類
小分類(国名等)
記事タイトル リード文
本文テキスト  今回も昨年9月に米国で起きた同時多発テロ関連の記事をトップに持ってきた。この間の日本国内は、事件直後に比して、その傷跡がいまだいえぬ反面、冷静な対応もみられるようだ。同時に、テロ犠牲者の慰霊をめぐる記事も多く見受けられる。ここでは日本国民のテロに関する様々な反応を中心にピックアップしてみた。
 政治と宗教に関して、昨年8月の小泉首相の靖国神社参拝が、この時期にきて再び議論となっている。また、1月の記事を扱ったこともあって成人式関連の記事が目につく。いわゆる「荒れる成人式」に関しては、青少年問題と通底するところもあり、「現代の精神状況」に分類してある。
 この他、オウムの地域社会でのトラブル、創価学会関連裁判の判決、雅子妃出産関連記事も注目されよう。
Copyright(c) Religious Information Research Center