(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *サッカー・ワールドカップ(W杯)祈願
本文テキスト  サッカーW杯の成功と日本代表の必勝を願う「祈願祭」が6日、熊野三山の1つ、熊野那智大社で開かれ、熊野三山協議会が、日本サッカー協会の長沼健・名誉会長らを招待した。同協議会は、日本サッカー協会が旗印に使う八咫烏(やたがらす)を神鳥としている(朝日・東京 04/08)。橿原神宮は1日、同協会の旗印入り公認お守りと絵馬の販売を始め(毎日・なら 04/03)、熊野三山でも、旗印やマスコットをデザインしたお守りが販売される(産経・和歌山 04/12)等、W杯での日本代表チームの健闘を祈願して、全国各地の約百寺社でW杯関連のお守りや絵馬が販売され、人気を博している。
 また奈良県榛原町の八咫烏神社は、氏子約90人の神社だが、日本代表がW杯に初出場を果たした1998年以降、各地のサッカーファンが参拝に訪れるようになった。地元ではW杯開催を機にスポーツ関係者の聖地にしようと意気込んでおり(毎日・大阪・夕 04/18)、5月19日には日本チームの必勝祈願祭が開かれた(産経・東京 05/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center