(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆靖国神社参拝関連 
記事タイトル *戦没者追悼新施設をめぐる議論
本文テキスト 昨年8月の小泉首相の靖国神社参拝を受け、戦没者を追悼する新たな施設づくりを検討している政府の「追悼・平和祈念のための記念碑等施設の在り方を考える懇談会」の第4回会合が11日、首相官邸で開かれた。追悼の対象を軍人・軍属に限定せず、一般の戦災者や外国人を含めることで、ほぼ一致したが、具体的な範囲や施設設置の理念等については議論を続けることになった(朝日・東京 04/12)。
 超党派国会議員でつくる日本会議国会議員懇談会(会長・麻生太郎自民党政調会長)は29日の総会で、小泉首相に春秋の例大祭や8月15日の靖国神社参拝を強く求め、国立の戦没者追悼施設の新設構想に断固反対等の決議を採択(日経・東京・夕 05/29)。
Copyright(c) Religious Information Research Center