(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆君が代・日の丸関連 
記事タイトル *公立校での実施状況
本文テキスト  国旗国歌法が施行されて3回目の春、北海道内の282の公立高校のうち、280校で卒業式が行われた。道教委によると、式の際に280校全てが日の丸を掲揚し、君が代も2校を除き導入された。残りの2校も、日の丸掲揚・君が代導入予定。昨年、道内の9校は君が代を流さなかった(朝日・北海道・夕 03/01)。また北海道教委のまとめでは、今年の北海道の公立中学734校の卒業式で、97.8%が君が代を斉唱し、99.2%が日の丸を掲揚。この実施状況は各教委の指導強化によるものだが、一部で拒否する姿が見られた(朝日・北海道 04/01)。
 広島県内の全日制公立高校99校で1日、卒業式が行われ、県教委は、昨年に続いて君が代斉唱・日の丸掲揚が全校で実施されたと発表(読売・広島 03/02)。
 千葉県内の公立高校では8日までに、大半の学校で卒業式が行われ、県教委は、概ね国旗・国歌が実施されたと評価したが、小金・東葛飾・国府台の3校では、国旗を会場から排除したまま式典を行った(産経・千葉 03/09)。
 大阪府立の全日制高校の卒業式では、国歌斉唱時に起立しない教員が約100人(64校)にのぼる等、国旗掲揚・国歌斉唱を適切に実施しなかった高校が全155校中、半数近くにのぼったことが、6日までの府教委の調べで分かった。府教委は、府立学校や市町村教委に対する指示・要望事項に「国歌は起立して斉唱する」と教員の責務を初めて明記する方針(産経・東京 04/07)。
 東京都内の公立小中学校と都立全日制高校、盲・ろう・養護学校の全校が、今春の卒業式と入学式で国旗掲揚と国歌斉唱を実施したことが、都教育庁の調べで分かった。同庁では1989年から一斉調査を行っているが、両方が完全実施されたのは今年が初めて(読売・東京 04/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center