(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年3月-5月
号数 15
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等) ◆慰霊 「ペットが浮き彫りにする現代人の心象風景」
記事タイトル リード文
本文テキスト  愛するペットを失った悲しみを「ペットロス」という。人間と同じようにお葬式をしたい・・・。こうした風潮のなか、犬や猫の供養や納骨が新たな問題となっている。ペット死亡時に死亡診断書や火葬許可書などは必要ない。埋葬は自宅の庭でも構わない。しかしそれはペットの遺体が法的にはゴミと同じだからだ。遺体をモノとして扱う、この発想に戸惑うのは、ペットを亡くした遺族たち。
 1999年に犬型ロボット「AIBO」が発売されてから3年。2000年には150億円だった市場規模が、2005年には9千億円にまでなるとの予想もある。そしてこのようなペットに癒しを見出す人もいるという報道がある。ペットロスや(壊れることはあっても)“死なないペット”の拡がりは、現代人の心の風景を描き出していると言えよう。
Copyright(c) Religious Information Research Center