(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年6月-8月
号数 20
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆国立戦没者追悼施設関連
記事タイトル *国立戦没者追悼施設をめぐる動き
本文テキスト  徳島市内で6月2日に開かれた「徳島県戦没者遺族大会」では、国立戦没者追悼施設構想が「靖国神社の存在意義を形骸化する」とし、政府が進める同構想を断固阻止する趣旨の大会宣言・決議が採択された(毎日・徳島 6/3)。日本遺族会会長の古賀誠・自民党前幹事長は8月4日、靖国神社こそ唯一の追悼施設だとして、新たな国立戦没者追悼施設建設への反対する考えを示した(読売・東京 8/5、産経・東京 8/5)。
 また中曽根康弘元首相は8月15日、群馬県戦没者追悼式のあいさつで靖国神社の代替施設建設に反対する考えを表明した(産経・東京 8/16)。
 一方民主党では、政権交代をにらんで組織するネクストキャビネットが7月16日、国立・無宗教の追悼施設設立を目指す方針を正式に決定した(産経・東京 7/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center