(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年6月-8月
号数 16
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *女性差別
本文テキスト  真宗大谷派は5月31日からの宗議会で、宗議会議員の被選挙権を従来の住職から教師にまで拡大することにした。これは宗政への女性参画がねらいとみられ、女性議員誕生の可能性が開かれた。一方、「選挙権拡大に注目が集まることで、坊守制度など、他の性差別問題が隠れてしまう」という意見も。なお宗議会に提出された今年度の予算案は130億1,300万円(4日、29日付)。真宗高田派の5月27日からの宗議会で、生柳宗務総長は女性教師の養成に力を注ぎ、檀家からの養成があれば女性住職を受け入れたいと答弁した(11日付)。臨済宗妙心寺派尼僧団の研修会で17日、細川景一宗務総長は<尼僧差別解消、後継者育成>を力説した(22日付)。禅文化研究所の現代寺院問題研究会は昨年、臨済・黄檗各宗派寺院の寺庭婦人を対象に意識調査を実施し、このほど報告書を公表した。<調査結果からは出家教団の“建前”と世襲
が常態化した宗門寺院の“現実”の間の矛盾とひずみ、そのはざまにおかれた寺庭婦人の姿が浮かびあがってくる>(18日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center