(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年6月-8月
号数 16
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *霊友会紛争
本文テキスト 霊友会の会長位と名称使用をめぐる裁判で、東京高裁は5月30日、久保継成氏は会長でなく、久保派は「霊友会」を名乗ってもならないとの判決を下した。これは霊友会元会長の久保氏が、教団役職を離れていた後の1996年に「会長復帰宣言」を行ったことにより紛争が表面化したことによるもので、現在は教団も大形市太郎氏を会長とする側と久保氏を会長とする側の2つに分かれ、双方とも「霊友会」を名乗っている。判決は宗教法人規則に則って判断を下し、審理では久保氏の宗教活動面での主張には踏みこまなかった。久保氏側は上告した。(6日付、13日付。中外日報6日付に同類記事。但し両紙の姿勢は仏教タイムスが久保派寄り、中外日報は大形派寄りである)
Copyright(c) Religious Information Research Center