(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆シリア
記事タイトル *安田純平さん拘束事件、仲介者が撤退を表明
本文テキスト  2015年6月下旬、シリア内戦の取材のため同国に入国した後消息を絶ったジャーナリスト安田純平さんの身柄を拘束している組織との仲介者を自称するシリア人男性が、6月29日までに「日本政府が拘束犯の要求に反応せず、仲介に失敗した」として交渉から手を引くと発表した。この男性の発言を公開した男性によれば、安田さんを拘束しているのは国際テロ組織アルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」で、目的は身代金の獲得であるという(毎日・夕6/29ほか)。安田さんの安否は未だ不明だが、5月30日には仲介者を通じて安田さん本人とみられる男性の写真画像がインターネット上に投稿された(朝日・夕5/30)。
Copyright(c) Religious Information Research Center