(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆カンボジア
記事タイトル *虐殺体験世代と若者世代を結ぶ映画『シアター・プノンペン』
本文テキスト  カンボジア初の女性監督ソト・クォーリーカー氏(42)の作品『シアター・プノンペン』は、現代の女子大生が、映画館でのある体験をきっかけにポル・ポト派による圧政の時代に父、母、そして映画館主らが経験した過去を知っていくという物語。大人になるまで父の死の真相を教えられることがなかった監督自身の体験を投影して描かれている。虐殺を生き延びた人、加害に関わった人など、様々な人々が時代の被害者として生きる苦悩と、過去を知ろうとする若い世代の視点を結んだ。作品は、国内で歴代1位の興行収入を記録し、7月には日本でも公開される(朝日6/23ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center