(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *ダライ・ラマと米大統領の会談に反発
本文テキスト  ダライ・ラマ14世とオバマ大統領が6月15日に米ホワイトハウスで会談したことに、ダライ・ラマをチベット独立派と見なして敵視している中国は強く反発している。中国外務省の陸慷(ルーカン)報道局長は同日の会見で、両氏の会談に先立ち北京の米国大使館に「断固たる反対」の立場を伝えたと述べた(毎日6/16ほか)。
 6月26日にはインディアナ州での討論会でダライ・ラマ14世と米人気歌手レディー・ガガさんが人種問題などをテーマに意見交換した。この様子をガガさんがSNSに掲載したところ、中国人とみられるユーザーから「ダライ・ラマは『イスラム国(IS)』のテロリストと同じだ」などと非難が殺到した。香港メディアの報道によると中国共産党中央宣伝部などが国内メディアに、ガガさんの曲の放送を停止するよう指示を出したという(朝日6/29ほか)。[→アメリカ参照
Copyright(c) Religious Information Research Center