(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *韓国人牧師が遺体で発見
本文テキスト  吉林省の長白朝鮮族自治県にある長白教会の韓忠烈(ハンチュンリョル)牧師が近郊の山で4月30日に遺体で発見された。5月中旬、長白教会の入り口には韓牧師を追悼する横断幕が掲げられた。同教会は韓牧師が1993年に設立し、信者は600人ほどで、教会を訪ねる北朝鮮住民に食料を与えて布教し、北朝鮮に送り返す活動をしてきた。中朝国境では脱北者支援や宣教活動などに関わる韓国人の失踪事件が相次ぎ、4月末には吉林省で北朝鮮住民に布教活動をしてきた中国人牧師の殺害事件も起きた。いずれも北朝鮮の関与が疑われている。韓国政府は5月16日、国境の訪問自粛を呼びかける異例の措置をとった(読売6/8ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center