(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆韓国
記事タイトル *同性婚訴訟棄却をキリスト教団体が歓迎
本文テキスト  ソウル西部地裁は5月25日、同性愛者の男性2人が婚姻届が受理されなかったことを不服として自治体を訴えた訴訟に関し、「憲法や民法などでは婚姻は男女間が当然の前提であると想定されている」として訴えを棄却した。司法が同性婚について判断を下したのは初めて。訴訟を起こした2人は2013年9月にソウルで結婚式を挙げ、同年12月に婚姻届を提出したが、自治体は同性間の婚姻は民法上の夫婦の合意に該当せず、無効であるとして受理しなかった(赤旗5/27)。なお韓国の「基督日報CDN」の報道によると、この判決に対して福音派の諸教会から成る韓国基督教総連合会(韓基総)は「同性愛は罪であり、創造の秩序に逆らい、社会的通念にも欠ける。同性結婚も生物学的な秩序を破壊し、人間社会の伝統的価値と秩序を揺るがす行為である」とし、歓迎の意を示した。韓基総は同性愛及び同性婚合法化のための法案推進に強く反対してきた。
Copyright(c) Religious Information Research Center