(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆韓国
記事タイトル *対馬仏像の返還めぐり訴訟
本文テキスト  長崎県対馬市の観音寺から2012年に盗まれ、韓国の国立文化財研究所に保管されている仏像「観世音菩薩坐像」の所有権を主張する浮石寺(ブソクサ)は、韓国政府に対し仏像の引き渡しを求める訴訟を4月19日に大田(テジョン)地裁に起こした。返還を差し止めた2013年の仮処分の決定から3年が過ぎ、法律上は韓国政府が仮処分を取り消せば日本への返還も可能な状態だったため、訴訟に踏み切ったとみられる(朝日4/22ほか)。韓国検察は仮処分が現在も有効だとする通知書を4月22日付で観音寺に送った(東京5/13ほか)。観音寺の田中前住職が仏像返還を要請するため、5月15日に韓国の浮石寺を訪れ関係者と初面会したが、双方の見解はかみ合わなかった。前住職はソウル市内で「対馬仏像日本返還推進委員会」が開いたデモにも参加し、今後も韓国を訪れて支援者との連携を深めたいと語る(毎日5/16ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center