(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *受刑者に聖書所持認めず、弁護士会申し入れ
本文テキスト  鳥取刑務所に服役中の男性が、2014年、反則行為により単独室での「閉居罰」を受けた際に新約聖書の所持を認められなかったことに対し、人権侵害の恐れがあるとして、5月2日、鳥取県弁護士会は信教の自由などの法を踏まえて裁量権を適切に行使するよう、同刑務所に申し入れを行った。弁護士会は「閉居罰中に原則閲覧が禁止される『書籍等』に宗教上の経典は含まれない」と主張している。男性は2014年、県弁護士会に人権救済を申し立てていた(山陰中央新報・松江5/3ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center