(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *靖国神社春季例大祭、首相は真榊奉納
本文テキスト  4月21日、安倍首相は靖国神社の春季例大祭に「内閣総理大臣 安倍晋三」名で真榊を奉じ、参拝を見送った。5月の伊勢志摩サミットを控え、諸外国への配慮を示した形。これに対し、中国外務省の報道官は会見で「日本が侵略の歴史を直視し、反省するよう促す」とし、韓国外務省報道官も「憂慮を表明せざるを得ない」と反発した(東京・東京4/22)。
 また、閣僚では高市総務相や岩城法相が参拝をしたほか、超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」が集団参拝している(毎日・東京・夕4/23)。
 さらに、自民党の稲田政調会長は、自身が会長を務める保守系議員連盟「伝統と創造の会」メンバーらとともに、サンフランシスコ講和条約(1952年)が発効されて日本が主権を回復した4月28日、靖国神社を参拝している(毎日・東京・夕4/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center