(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *長崎教会群から2資産除外を決定
本文テキスト  「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産を持つ長崎県と熊本県の6市2町が、5月29日、長崎市内で世界遺産登録推進会議の会合を開き、全14資産のうち「日野江城跡」(長崎県南島原市)と「田平天主堂」(同平戸市)を除外することを決定した。前者は禁教令以前の遺産で、後者は大正期に建設されたもの。長崎県とアドバイザー契約を結んでいる国際記念物遺跡会議(イコモス)は禁教期と直接的関連のないこれら2資産を除外するよう助言しており、それに従う決定となった。南島原、平戸両市長は遺憾の意を示しながらも了承した。また、禁教期に焦点を絞るという方針に合わせ、教会群の名称を再検討することも明らかにされた(長崎・長崎5/24、5/30ほか)。
 5月31日には、長崎・熊本両県選出の自民党国会議員13名が集まる長崎教会群の世界遺産登録推進議員連盟が発足し、東京都内で設立総会が開かれた。総会では「本年度の国からの推薦を強く求める」との決議を採択。6月3日には馳浩文部科学相らに決議文を提出した(長崎・長崎6/1、6/4ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center