(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2016年4月-6月
号数 71
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *「隠れキリシタンの鍔(つば)」30点余を確認
本文テキスト  澤田美喜記念館(神奈川県中郡)が所蔵している日本刀の鍔367点のうち、30点余が「隠れキリシタン」の所持していたものと鑑定され、5月10日から展示が始まった。鑑定を行ったのはNPO日本刀剣保存会の理事らで、2015年11月から調査を行っていた。その結果、48点を「キリシタン鍔」と鑑定。戦国時代のものが十数点、豊臣政権による禁教以後のものが30点余と分類した。十字の意匠が巧妙に隠されていることから隠れキリシタンの信仰を示していると判断したという。ただしキリシタン史の専門家は、「キリスト像が鍔の内部に隠されている1点はキリシタンのものと言えるが、残りは慎重な検討が必要だろう」と話す(朝日・東京・夕5/10ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center